スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大都会

精米所にいたら

何やら

あぶっている声がするので

外に出て

わが町見回してみると

確かに 男が一人

鹿児島県警と言い合っている。

かなり泥酔な男の発言内容は聞き取れず

おまわりさんは

冷静を装っているのか

声を荒げてはいなかった。

見ていた町民に 何かあったの?

って聞くと 「知らん。ただの酔っ払いでしょ。」って言って

帰宅していきました。

バトンを受けたのでココからは自分が見ていなくてはと思い

見ていたら

男はあいも変わらず 「****:::\\・・」

多分 近くの居酒屋さんに迷惑行為をしたので

警察を呼ばれたんだね。

もうすぐ 警官がゾロゾロ現れて パトカーで護送だな

なんて思っていたら

中々現れず このおまわりさん周りの人から敬遠されてんのかな

もしかして 唯一この町を憂いでこの町のために動いている警察官だから

仲間に無視されているのかと不安になったわけです。

あまりにも埒が明かないので仕事もあるし

もうほうっておいて 仕事に戻りました。

男はいまだ おらび続けていてだけど この町の人々はもうすでにその行為に飽きていて

注目なんかしていない。

大声で何かを言っている酔っ払ったおっさんと

仲間に無視されている警察官。

この町でサプライズ的に行なわれた活劇だったのです。

僕たちの町ではあまりにも見慣れた光景の為

誰も足も止めず

なぜか2人が浮いてしまったのです。

この町でのこのような行為は誰も気に留めてくれません。

家かえって早く寝るといいと思います。


その後男の人は

パトカーが連れて行って

この活劇はエンディングを迎えました。



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

masano

Author:masano
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。