スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村山談話


さて 昨日?ジャンベはお休み。

金曜日だったかな 卒業以来会ってない同級生がジャンベに来てくれました。

真っ赤なズボンにラスタカラーの首飾り。

「クラッシュアイスでマイヤーズを」なんてオーダー

久しぶりに会ったけど多分この男かなりのピャ~だ。

キヨシモリノブ。彼の名はそういう名前だ。

何年かに一度どうしてるかな?と考えてしまう程度の同級生だ。

あっちからしてもきっと、俺もその程度の男だし

久しぶりに来たこの男は 久しぶりに会ったある男のことを激しく罵っていました。

同窓と飲み屋で会って久しぶりの再開ドリンクなのに サングラス外せと。

わかるよ。怒るのはね

だけど、居酒屋さんで38歳にもなってサングラスつけたままで飲んでいる同級生を見つけたなら

こう言ってください。

「いくつになっても若いや~。役場の仕事どうな ストレス溜まって大変かもや~

それにしても や~の色眼鏡カッコイイね 

並んで座るとワンがかなりしょぼいがな

連れが一緒だからまたそのうちや~」

と言って彼を彼ドクドクの世界に置き去りにするのです。

今日一緒に飲むはずだった事はもう無しでかまいません。

少し離れた 苛立ちを覚えない距離から 

彼と目が合えば顎をちょいと動かす感じの

昔、島にも沢山いた(結婚した方は今もいますけど)

外国の女性がよくする合図を送る程度でかまいません。

そうしたら彼はまた(サン)グラスと酒と街の喧騒を独り占めするために少しだけ口元を緩め

笑顔の余韻を残したまま 座りなおし目をそらすでしょう。

あとはゆっくりと焼酎を楽しむといい。 彼から話しかけてくる事はないでしょう

彼が先になるか あなたが先に店を出るかは あなたが残るを選んでください。

彼は一人の世界だけど 君たちの存在があって成り立つのです。

もうすでにその域を超えてると思うのなら先に帰っても良いのだけれど

万が一まだ君と同じ部分が残ってるとしたら彼は初めて孤独を感じてしまいます。

そこは同級生として彼の世界を遠くから見守る優しさが必要だと思います。

彼が店を出てどこへ行くのかは知りませんが 

この街のメインストリートわずか数百メートルを闊歩する彼は

風を感じて 世の中イージーだねなんて考えながら 

頭に巻いた赤いバンダナを巻き直すのでしょう




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ε??

?Υ??


| TOP |

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

masano

Author:masano
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。